スクールインフォメーション

   Warner English School News 2024 February 2月 

   少しづつ日脚が伸びてくる頃となりました。皆様、お健やかにお過ごしでしょうか。 さて、1月は、大学共通テスト、私立高校入試に英検と、高3,中3、英検を受験された生徒様方、お疲れさまでした!!

   はじめに、2024年度の年間スケジュールについてですが、3月のお月謝袋といっしょにお渡しさせていただきます。レッスン日につきましては、こちらから連絡がない場合、変更はございません。

   次に、2024年共通テストについて、リセマムより抜粋させていただきました。

  元イェール大学助教授で英語塾J PREP代表の斉藤氏は、「リーディングの英語分量が年々増えており、読む力を問う問題がやや難化した。これは生成AI時代が到来して、英文作成が簡単にできるようになったこともあり、読み解く力が重要になっていることのあらわれではないか。と述べた。斉藤淳氏はデータ分析によると、出題レベルは例年どおり、リーディングは分量増え語彙も難化。まず1989年の共通一次試験に関しては、試験中に求められる1分あたりの英単語処理速度は27.3語だった。これに対し、2021年の第1回共通テストでは1分あたりに求められる英単語処理速度も67.3語と増加した。これは1989年と比べると2.47倍にあたる。さらに2022年の共通テストでは1分あたりに求められる英単語処理速度は73.1語(1989年比2.67倍)、2023年は80分6,014語で同75.2語(同2.76倍)、今年2024年は80分6,233語で同77.9語(同2.85倍)と増加傾向が続いており、「徐々に英語の分量が増え、語彙も若干難しくなった」と指摘した。語彙難易度をみると、1989年の共通一次は英検3級までの初級レベル単語が67.1%だったが、2023年の共通テストは初級レベル単語が筆記試験62.7%、リスニング放送台本67.4%、リスニング印刷配布54.6%に、さらに今年は筆記試験60.4%、リスニング放送台本71.1%、リスニング印刷配布61.1%となり、筆記試験の語彙難易度は難化傾向。リスニングの語彙は昨年に比べて簡単になったことがわかる。共通テスト英語の筆記は英検に比べて分量が多く、リスニングは英検に比べてやや分量が少ないものの、語彙難易度はいずれも2級~準1級のあたりだとした。J PREP国内大学受験部統括責任者の桂侑司氏は、今年の共通テスト英語のリーディング問題は、総語数が増えていることをあげた。リーディング英語の総語数は最後のセンター試験であった2020年に比べ、4年間で2,000語以上増と大幅に増えていることを言及した。また、「マークシートではあるが、状況を読み取り、自分の言葉で考え表現する『選択式の自由英作文』ともいえる問題が出ている」とした。一方、今年度のリスニング問題は出題傾向・設問数・難易度・読み上げ語数とも昨年度と同じ傾向だったとし、「引き続きリアルなコミュニケーションの場面を想定した問題が出題されている」と評価。「音声が1回しか流れない問題があるので、インターネットラジオやポットキャストなどで、普段から1回だけ聞いて情報を把握する力を付けてほしい。さまざまな媒体を利用して常日頃から英語で情報収集するという姿勢を持って」と語った。「読むスピードが遅い人へのアドバイスは」という質問に、斉藤氏は「語彙力をつけること」と即答。「推測するのに時間がかかり過ぎて正確に理解ができないので、遅くなりがち。語彙力を上げることを目指し、わからない単語があっても、接頭辞、接尾辞から、意味を推測する力をまずつける。特に、動詞と前置詞・副詞との組合せで特定の意味を持つ句動詞関係、英語で言うと”Phrasal Verb”を強化してほしい。また、「精読をするのに、普段から取り組んだら良いことは」という質問に桂氏は、「品詞と文法知識を確実に持ったうえで、各単語が後ろのどの部分に関係していて、どのような構造を従えるのか理解しながら、推測して読んでいくのが大事。と答えた。(以上リセマムより抜粋)
時節柄、体調を崩しませんよう御身おいといください。


<休業日等についてのお知らせ>

年間スケジュール通り、2月12日(月)、23日(金)、3月20日(水)レッスンあり。5月16日から19日にお休みをいただきましたお振替として、3月26日(火)~29日(金)にレッスンにお越し頂く生徒様方には確認のため2月末までに個別にライン、メールをさせていただきます。中高生と連絡のない生徒様方はお休みとなります。ご不明な点がございましたらゆうこまでご連絡ください。

<子供がはまる英語教材>
starfall : アプリです。ABCから英語の本、歌までいろいろ楽しめます。無料
epic : 絵本や動画、クイズが楽しめるサイト。全米87%の小学校が利用している読書アプリ。
30日間無料お試しができます。英検のお勉強をされている方に特におすすめ。
reading bear :フォニックスを学べます。www.readingbear.org


<クラスについて>

当スクールでは一クラス4人までの少人数制になっております。クラスによっては、あとお一人までの クラスもありますので、お早めに体験レッスン(要予約)を受けていただければと思っております。 お電話で、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

    Warner English Schoolでは、生徒様の英語レベルに合った4人までの少人数制のクラスを提供させていただき、生徒様の英語レベルを効果的に伸ばしていくことに力を入れております。

      小学生は経験豊富な外国人講師が読む、聞く、話す、書く 、文法を中学英語に向けて楽しく、丁寧にレッスン致します。中学生は外国人講師がリスニングとスピーキングを、 日本人講師が文法とリーディングを担当致します。

      英語を勉強される目的は、受験や英検、旅行やTOEICなど様々でしょう。当スクールでは、生徒様の夢を一緒に叶える努力をさせていただきたいと思っております!

料金

グループレッスン(小学生から高校生まで):
1レッスン60分(1ヶ月4レッスン) 5,000円

中学生英会話&文法グループレッスン:
1レッスン90分(1ヶ月4レッスン) 7,000円

      年間3回までの振り替えレッスンを行っております。講師の事情でレッスンのキャンセルが起こった場合は追加レッスンを行います。年間48回のレッスンを行っており、年度始めに、年間スケジュールをお渡しいたします。


© 2024 WARNER ENGLISH SCHOOL